誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則を読んでみた。

会社の宿題のメモ書きです。

せっかくなのでメモ書きを残しておきます。

タイトル

「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」

This is your life,not a dress rehearsal

ジム・ドノヴァン著/桜田直美 訳

自己啓発系の本って何でこんなに邦題が酷いんだろう。

直訳の方がいいじゃん。書いてる内容は普通なのに邦題のせいで胡散臭さがやばくなってる本がたくさんあるよね。

概要

著者のジム・ドノヴァン氏が人生のどん底から現在の成功を手に入れるまでにしてきたことを74の項目に分けて解説している。読んでみると当たり前のように感じることが多々あるが、それを実行できている人はどれだけいるか?この本のタイトルを直訳すると「これがあなたの人生だ。リハーサルではない。」となるが、それを考えさせるメッセージ性の強い1冊である。

印象に残った箇所(番号は74の項目の内の番号)

1.今すぐ、始める

74の成功の法則の内、1番最初に書かれている項目。小題の通り、今すぐ始めること、行動に移すことが1番大切なことだと私も考える。どれだけ本を読もうと、立派な計画を立てようと行動しなければ何もしていないことと同じである。自分がその事象について費やした時間は無駄になってしまう。

32.目的を持つ

自分が普段行動していることに対してどれだけの意味があるのか?ただなんとなく周りがこうだからという理由で行動していないだろうか?自分がより良くなるためにするべき事はどういった事なのか?普段から目的意識を持つ事は大切だと感じた。

62.結果に意識を向ける

プロセスにばかりこだわっていないか、相手に求められているものに対して最適な手段は何か。手段が目的になっていないか。全体を見て仕事をしたいと感じた。

業務に活かす

上記に挙げたものはいずれも業務に活きる。

得た知識・知恵・道具はすぐにアウトプットることで、業務の効率化、正確さに繋がる。

目的を持つ事、結果に意識を向ける事は、客先、上司が何を求めているかを常に意識し、より良い成果を納めることに繋がる。ただ仕事が与えられているからやっているという姿勢でやっていてはいい仕事はできない。

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則

新品価格
¥1,403から
(2017/7/23 15:35時点)